肌トラブルの代表的存在のニキビを正しく対処|ニキビ治してニコニコ

ニキビで悩まない

初期状態で治す

顔のお手入れ

子供から大人まで悩む肌トラブルが、ニキビです。「ニキビだから」と放っておく人も多いですが、場合によっては、ニキビ跡が残る可能性があります。ニキビ跡は、ニキビ治りにくいので注意が必要です。ニキビが1つあるだけでも、見た目が悪くなってしまうので、予防をすることが大切です。ニキビができる原因は、毛穴が詰まることです。皮脂が過剰に分泌されたり、ホルモンの影響で肌の表面が硬くなったりなど、様々な理由で毛穴はつまります。ニキビと言っても、状態によって呼び方は変わります。ニキビの初期段階では、白ニキビや黒ニキビと呼ばれることが多いです。毛穴の入り口が狭くなり、皮脂が毛穴の中に溜まって、コメドになっているのがニキビの初期状態です。この状態は、肌の表面が少し盛り上がっていたり、少し固かったりする程度なので、肉眼ではわかりづらいです。それから、皮脂に汚れが付いたり、酸化したりして黒色になったら、黒ニキビになります。白ニキビと黒ニキビの段階では、炎症を起こしていないので、この状態で治療すれば綺麗に治すことができます。自分で対処することが難しい場合は、クリニックで処置してもらった方が安全です。

白ニキビや黒ニキビを放置して、炎症が起こった状態を赤ニキビと言います。炎症を起こしてしまうと、抗生物質を使って治療する必要があります。毛穴の中に詰まっている皮脂が多くなると、アクネ菌が増殖するため炎症が起きてしまいます。アクネ菌自体は、どんな人の肌にもあり、肌のバランスを維持する大切な役割を放っていますが、増えすぎてしまうとニキビの原因になるのです。更に炎症が強くなると、赤ニキビとなり膿を持ってしまいます。黄ニキビになってしまうと、クレーターや色素沈着などのニキビ跡が残りやすくなってしまいます。ですから、ニキビと軽く考えずに、なるべく早い段階でニキビ治療をすることが大切です。ニキビ治療は、皮膚科や美容外科などのクリニックで行うことができます。ケミカルピーリング、イオン導入など様々な治療がありますが、治療内容をしっかり理解することが大切です。

ピックアップ

毛穴の詰まりに気をつける

おでこを指で押す

肌トラブルの中で、最も多くの人が経験しているのがニキビです。思春期の頃にニキビができやすいのは、分泌する皮脂量が多いためです。毛穴が詰まることによって、ニキビが起こるので注意が必要です。

read more

ニューポスト

原因も場所も違う

何かを考える

ニキビと一言で言っても、大人ニキビと思春期ニキビでは、発生する原因も違いますし、場所も違います。思春期と違って、大人ニキビは治しにくいので、注意する必要があります。

非常に効果が高い治療法

頬をさわる

ニキビ治療の方法として注目されているのが、ピーリングです。ピーリングを行うことで、古い角質を溶かしたり、ターンオーバーを促したりすることができます。ケミカルピーリングはクリニックでしか行うことができません。

ピックアップコンテンツ

手を出して示す

レーザーで治す

ニキビ治療として使われることが多いのが、レーザーです。使用するレーザーの種類によって、効果や目的は異なります。面皰圧出の治療で、針の代わりに使われたり、脱毛効果があるレーザーを使用したりします。

背中

背中にもできる

ニキビができるのは、顔だけではありません。背中にニキビができることも多いです。背中ニキビは、ケミカルピーリング、イオン導入、ホルモン療法などで改善することができます。

最新一覧