肌トラブルの代表的存在のニキビを正しく対処|ニキビ治してニコニコ

原因も場所も違う

何かを考える

ニキビは、思春期ニキビと大人ニキビがあります。前者は13歳〜18歳の、皮脂量が多い時期に発生するニキビのことで、後者は成人になってから起こるニキビのことです。思春期ニキビは、時期を過ぎると放置していても治ることが多いです。しかし、厄介なのが大人ニキビです。大人ニキビは思春期ニキビと違って、治りづらく、再発しやすいのです。なぜ思春期ニキビと違って、大人ニキビは治りにくいのかというと、思春期ニキビの場合は、ホルモン分泌が落ち着けばニキビも出来なくなりますが、大人ニキビの場合はホルモン分泌だけではなく、様々な原因が複雑に絡み合ってニキビを引き起こしているからです。ターンオーバー、肌のバリア機能の低下、化粧品による毛穴の詰まりなどが、大人ニキビの原因になります。1つの原因を改善したとしても、他のことが原因になっていることもあります。また、思春期ニキビと大人ニキビでは、発生する場所も異なります。思春期ニキビの場合は、Tゾーン、こめかみ、頬骨などにできやすいです。それに対して、大人ニキビは顎、口周りにできやすいのが特徴です。

思春期ニキビと大人ニキビでは、原因が違うので、改善方法も異なります。思春期ニキビの場合は、成長期という一定の期間だけ発生するものです。ですから、成人するまでには綺麗にニキビは治ります。放置していても治ることはありますが、思春期ニキビは炎症を起こしやすいので、間違ったケアをしてしまうとニキビ跡を残してしまうので注意が必要です。思春期ニキビの改善法は、対症療法、ビタミン剤の服用です。塗り薬や飲み薬を使って、悪化を防いだり、皮脂の分泌を抑えたりします。スキンケアでは、洗顔をこまめに行い、皮脂を洗い流すことを主に行います。大人ニキビは、塗り薬や飲み薬だけでは改善できないことがほとんどなので、食生活を改善したり、睡眠不足を解消したりなど、生活習慣を見直すことが重要になります。

大人ニキビを発生させている原因が、便秘ということもあります。便秘で悩んでいる女性は多いですが、実は便秘は肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。その理由は、便秘が腸内に溜まることによって、老廃物や毒素が溜まって、腸内環境が悪くなっていくからです。そのため、血行が悪くなったり、イライラしやすくなったり、肌トラブルを引き起こしたりしてしまうのです。ニキビと便秘に悩んでいるなら、まずは便秘解消をすることから始めた方が良いでしょう。スキンケアをしっかり行ったとしても、便秘を解消できていないと、ニキビを発生させてしまうからです。乳酸菌を多く摂取したり、腸内改善に効果的なマッサージをしたりすると良いでしょう。